KEEP · Terahertz Technology とは

 

 

テラヘルツ波 - Wikipedia


Terahertz radiation - Wikipedia, the free encyclopedia

 
Terahertz は、光と電波の中間に位置する電磁波の一つです。】


電磁波は周波数によって性質が分かれます。

■アメリカでは世界を変える10大新技術として選び日本では10大基幹技術として選定しました。
韓国ではLG経済研究員が人類の生活を変える7大新技術として取り上げています。

日本での、潜在マーケット希望としては2015年には2兆円という波及効果があると予測されています。

Terahertzは開発されていない一番広大な周波数帯域であり事実の宝庫でもあります。


耐熱性、温度調節機能、防臭、発汗、抗菌、UVカット、免疫力UP、鮮度保持作用、アンモニアの消臭、土壌還元力、生物の成長促進、熱伝導性、熱吸収性が高い等を活かし、一般の樹脂素材と混ぜ合わせることによって繊維を作ることができます。繊維だけでなく、農業・医療・工業・建設・軍需など、あらゆる産業分野に革命をもたらします。

 

KEEPの主な作用として、以下の7つがあげられます

抗酸化作用・鮮度保持作用・消臭、分解作用・熟成作用・活水作用・細胞活性作用・安定化作用・悪臭の除去・化学臭の除去(パーマ液・シンナー等)・農作物・植物の成長を促す・血行の改善等、具体的な効果としては、鉄を錆びさせない・食べ物などの鮮度を保つ・水中の環境汚染物質を分解する・天然ミネラルを水に供給する・空気中の水分を活性化する。

 

遠赤外線は別名、生育光線とも呼ばれるように、人体や植物等の生体を活性化し生長を促します。 

マイナスイオンは副交換神経系に働きかけ、血液の浄化、細胞の活性化、免疫力強化、自律神経の調整に有効といわれています。 耐摩耗性などに富む硬く靭性な鉱石です。多孔質構造のため、有害成分の吸着作用と分解作用などがあげられます。

また、KEEPは水分子と共鳴共振する6.27ミクロン周辺の遠赤外線を豊富に放射しており、繊維などに加工することで、温度調節機能があり、夏は涼しく、冬は温かい、安眠布団・シーツ・ソックス・ベビー用服・靴・アンダーウエア―などに利用されています。

靴等では、消臭・抗菌作用があります。又、ゴムには、摩耗にも強くなります。

私たち人類に残された最後の周波数帯域であるTerahertzは、レーザー技術と半導体技術の発展に伴い

1990年代中盤から、一気に注目を浴びることとなりました。半導体にレーザー光を放射することによって
Terahertzパルスを発生させることに成功したからです。

1950~1970年代、NASA(航空宇宙局)において「宇宙船内における人間の生存条件」の研究が行われ、真空、無重力、極低温という過酷な条件の宇宙船内で人が生存するために必要なファクターを調べました。

この研究において太陽光のうち波長8~15μmの赤外線が生物の生存に欠かせないことがわかりました。この結果、それまで赤外線と総称されていた電磁波は近赤外線と遠赤外線の2つに区分されるようになりました。

Terahertz帯に、分子・固体中の各種振動や分子間相互作用や超伝導エネルギーギャップのような物性が存在し、特にTerahertz帯は、生体温度領域にもあり、宇宙誕生の謎を解く情報収集も期待されることから、世界中で研究され始めて、いろいろな分野で応用や商品開発が展開されています。高エネルギー鉱石と組み合わせたKEEP・Terahertz波加工しますと、遠赤外線領域Terahertz波とは、Terahertzは1秒間に1兆2000億回振動する振動数の単位です。

Terahertz

terahertz (THz)は、光と電波の境界の周波数であるTerahertz(THz)の電磁波を用いた時系列変換パルス分光法の新しい赤外領域の分光です。

自然界の中で一番Terahertz波を発しているのは?
 

それは、人間の赤ちゃんです。赤ちゃんを抱っこした時、癒される感じがするのはそのせいです。また年齢とともに生命力が衰えてくるとTerahertzを発する力と量が弱まります。健康な人、鮮度が高い食べ物などは

テラヘルツの放射量が高いのです。

Terahertz分光

Terahertz分光は、多岐にわたります。多くのガスや有機固体、化学薬品、爆発物は、領域にそれぞれ固有の吸収線を持ちます。赤外線検出と比べて、Terahertz分光は非常に柔軟性に富み、高感度です。Terahertzスペクトロメータでは、赤外線光源なら複数を必要とするような多くのガス化合物を一つのシステムで検出・特定することが可能です。Terahertz光は、周波数 100 GHz ~ 10 THz、または波長 3 mm ~ 30 μm 間の電磁波です。ラジオ波と赤外光の間にあたる光には、ユニークな特性があります。Terahertz光は、種々の合成物質や織物といった様々なアモルファス物質、ボール紙を含む紙類を透過します。一方、多くの生化学分子、タンパク質、爆発物、麻薬物質は、0.1~2 THz 領域に各物質特有の吸収線をもちます。Terahertz光のこの重要な二つの特徴により、従来では困難だった材料や物質の分析・分離が可能になっています。

Terahertz領域において最も強力なアブソーバの一つが水です。テラヘルツ光の伝播距離は水蒸気によって数メートルほどに制限されますが、水蒸気特有の吸収線は非常に精度の高い湿度測定を可能します。

X 線と違い、Terahertz光は一切のイオン化効果を及ぼさず、原則的に生体にも無害です。

Terahertz分光terahertz (THz)とは

Terahertz分光とは、光と電波の境界の周波数であるTerahertz(THz)の電磁波を用いた分光計測手法です。

Terahertz(THz)定義と応用

Terahertzとは、電磁波の周波数がTHzオーダーであることから、このような呼び方をされていますが、その定義としては研究者により多少の違いがあります。従来の呼び方としては、遠赤外またはミリ波と呼ばれる波長域の一部になります。このような呼び方があったにも関わらず、Terahertzという新たな呼び方になった背景としては、領域としては主に遠赤外領域で光のように扱いながら、室温で簡便に利用でき、しかも電波のように電場強度の時間波形を観測することから、遠赤外と言うよりも電波のような扱いができることから、ラジオの電波のkHz、MHzという単位を用いたTHzという表現を新しい扱いの電磁波として呼び始めました。

この波長領域では、電波の特性の1つである透過性の良さと光の特性の1つである物質の同定の能力を備えており、様々な応用が期待されています。また、電波と比較した時に波長が短く、電波では観測できない小さな大きさのものが確認できるということも特徴の1つになります。さらに、エネルギー領域としては低い領域であり、分子間の結合(結晶形の変化や水素結合など)の状態を観測するのに適しています。このような特徴から、様々な観測・評価への応用が期待され、医療や製薬、半導体のような産業分野、建築物の劣化評価などへの応用が期待されるだけでなく、水の状態の変化には高感度であり、生体への応用も期待されています。

■高波の直進性と電波の浸過性と応用技術

Terahertzに比べて比較的周波数の高い可視光線は、エネルギーが強く直進しますが透過力は弱いです。
その反面Terahertzは周波数が低いため透過力が優れています。

例えば周波数の高い可視光線は壁を透過できませんが周波数の低い携帯電話の電波が壁を透過することが出来るのと同じ原理です。Terahertzの透過力は見えないものを可視化することができます。

Terahertzは、水によく吸収されますので、食品の水分含有量を調べることによってその品質や個性の検査に使われます。例えば、空港や港では港湾検査にも使われ金属探知機を使わず所持品の内容を確認できるのです。また郵便物検査でも成分検査が瞬時に行なわれています。

そして、産業分野では不純物や血相などの検査に活用されています。Terahertz技術は火災現場や災難地域でも活躍しています。
赤外線は煙によって消され、検査に10分以上かかりますが、Terahertz波は消されず、緊急時のリモートコントロール機材の運用を長期にサポートします。

その他にも文化財の復元古美術品真偽判別地下透視機能放射線や有毒ガス検出する災害対策汚染・欠陥非破壊検査などができます。

Terahertzの波長と周波数

Terahertzの波長は1mmから0.3mmですが、この波長帯は生命は物質の最小単位である分子の
相互作用や回転速度、そして水素結合の波長と一致しています。同じ波長同士は、振動しあうことによって共振作用を起こします。

私たち人間の身体を構成するたんぱく質やDNAなど、多くの生体高分子はTerahertzの波長と共振するので
Terahertz
波を使って生体高分子の、モニタリングと操作が可能と言われています。共振による運動エネルギーの一部が、体内に共鳴吸収され、熱エネルギーに変化して、体温が上昇します。また、通常Terahertzの皮膚透過力は1~2mmですが、共振共鳴させることによって30~50mmまで浸透し、生命力の回復や成長に役立つと言えます。以上のようにTerahertz波は広大な応用の可能性を含んだ黄金の周波数と言えます。例えば、ウイルスが細胞膜に進入すると、Terahertz波領域で浸透しますので、遺伝子の突然変異の原因を調べることも出来ます。このようにTerahertzと分子が共振すれば、エネルギーが上昇していきます。

■鮮度維持効果

 

野菜・果実・魚介・肉類へのKEEP・TERAHERTZ効果

KEEP•TERAHERTZ波加工をした素材には、KEEP鉱石の自然界最高数値のマイナスイオンと遠赤外線に加えて、Terahertz波両方により、共鳴させることで、食品パック等の内部の空気を活性化し、水蒸気の水素結合を分離し、そこから発生させる電子の還元作用で食品の酸化劣化を防止し、腐敗菌を忌避させ、鮮度保持、糖度・旨みアップ、健康増進効果があります。

<酸化を抑制します>

有害な活性酸素を分解・除去します。身体の酸化(さび)の原因となる活性酸素を消去することにより、アンチエイジング(抗老化)効果を発揮します。

KEEPには、アンチエージング作用や抗菌性作用が認められており、その効果の食品関係における活用を試みてきました。

その結果、KEEP加工した場合、食品を入れても問題のない添加剤であることを実証し、ポリエチレン材における

食品用器具、容器包装規格試験に適合した事により食品添加物規格基準適合品 厚生省告示第370号における基準適合品である事を実証致しました。これにより、内容物が通常より新鮮な状態で長く保存する、付加価値商品的な「KEEP 鮮度保持袋」の商品化が可能になりました内容物の一般生菌数の増殖率を低減させて賞味期限の延長効果や菌による汚染増殖スピード等を低減させる事などを検証し、鮮度の良い状態にて食品を食べる事が可能になりました。賞味期限の延長を可能にすることで食品を無駄に捨てることを減少させ、地球環境の悪化防止に貢献できる環境配慮型エコ商品として活用してまいりたいと思います。

KEEP・TERAHERTZに加え更に強化した酸化還元液

加えた酸化還元液の主成分は、KEEPセラミックボールから、作り出した強力なマイナス電子水に加え、厳選された植物から抽出した溶液を発酵させ、この技術で開発された抗酸化溶液を活用して、発酵型微生物を培養して造る特殊酵素です。酵素の中でも、人間にとって有害な物質に効果を発揮する成分を多く含む植物を選び、最も効果の出る時期に採取し加工しています。ホルムアルデヒドの吸収効果が認められているタンニンや、抗菌物質のレスベラトロール等のポリフェノール、強力な消臭・抗菌・抗酸化作用のある様々なフラボノイドを豊富に含み、最高の状態でバランス良く働き、接触する有害物質の除去・消臭・抗菌・抗酸化に優れた効果を発揮します。人の肌に直接使用した場合には更に植物の薬効成分の効果が得られます。古来から伝わる薬草と呼ばれる植物の持つ神秘的な自然のパワーを、15年の歳月をかけて研究し、試行錯誤を重ね、誕生したこの「KEEP・TERAHERTZ抗酸化還元溶液」には、「人々に快適で健康な生活を送ってほしい」という開発者の強い願いが込められています。 

酸化とは、酸素が他の原子や分子と結合することをいい、その逆のことを還元といいます。抗酸化溶液は酸化を抑制し、還元を促進するという機能をもった溶液です。

このKEEP・TERAHERTZ抗酸化溶液を金属・プラスチック・ゴム・ガラス・石鹸・セラミックス・塗料・化学繊維等に加工して用いると、それらの物質から周辺の活性酸素に反応して電子を放出させる働き(触媒機能)を持たせられることがわかりました。人や動物は体内に残ってしまった活性酸素により、正常細胞が酸化し、ガン化したり生活習慣病になったりするといわれています。 住宅をはじめ、KEEP・Terahertz抗酸化還元溶液を活用した製品は、これらの活性酸素を消去するという働きにより、簡単に人や動植物を健康にし、 なおかつ地球環境の浄化にも寄与するのです。

■食肉卸し会社が、仕入れた肉がすぐに酸化してしまいます。消費者に届くまでに時間が経過するため

 肉が酸化により、色が変わりだします。

そこで、酸化防止・除菌・抗菌作用のある、KEEP・TERAHERTZ抗酸化ビニール袋を開発しました。

■KEEP・TERAHERTZ技術の応用。

1健康商品

       繊維、紙、金属、プラスチック、宝石等に照射すると大量の遠赤外線放射する製品に変化する

      健康食品食品に照射  すると、味がよくなり、健康な食品に変化する。 

【2】鮮度保持生鮮食品:KEEPTERAHERTZを照 射すると鮮度期間が2倍以上伸び、味がよくなる。

 

【3】医 療

       人体に照射するだけで、気の流れがスムーズになり、コリや血行不良を改する可能性があります。

 

【4】農業

        KEEP水、土壌改良剤、肥料を使用すると植物の病害虫が激減し、収量

        増加する。品質が改善され散布した農薬が農産物に残留しにくい。

 

【5】水産

        養殖水槽の水と空気をKEEP水処理すると鮮魚の病気が減少し、成長がくなる。

 

【6】省エネ:

        液体化石燃料に照射すると燃費が大幅に節約できる。(630%)

 

【7】KEEP処理した水を使用すると、発酵が早く品質が向上する。

 

【8】その他さまざまな応用技術が開発されます。

 

 

 

 

 

İletişim