太陽光発電

Mega Solar


太陽光発電パネルやその光起電材料であるシリコンインゴットやウエハーやセルや膜材に、KEEP・TERAHERTZ波を照射することにより、光起電半導体の電子を励起し開放電圧と短絡電流を高める。KEEP波の遠赤外線領域の共鳴電磁波を発振する天然石をナノ化した微粉末に、更に、Terahertz波を加えます。その、ナノ化した微粉末を、ソーラーパネルの裏にある接続部分に、コーティングをします。更に、ソーラーパネル全体にTerahertz波を照射します。

KEEP・TERAHERTZ光は、光の直進性と電波の透過性の両方の性質を持っており、これらの性質を利用することで、従来の方法では観測することのできなかった電気絶縁油が酸化する過程における分子挙動や分子同士の相互作用があります。 

KEEPは、金属の金属表面の隙間を、ナノメートルサイズのKEEP粒子で埋め、金属導通部分(端子間)を「点接触」かせら「面接触」に変え、接触抵抗値を下げます。更に、Terahertz波を照射すると、その結果、電気が無駄なく流れ、信号も確実に伝わるようになるため、接触不良のトラブル回避や性能の回復に大きな効果をもたらします。

ソーラーバネルの内部に、直接的電子の流れを改善することで、より電子の品質を向上させようとしたものです。 これは、共鳴を発生させ、バッテリー内部に流入させようとする微細エネルギーは、KEEPで、持続的に生成されます。

微細エネルギーの生成原理は、互いに等しい波動の周波数をもつ2つの物質が近接することにより共鳴を生じさせ、この時生じた共鳴によって、微細エネルギーが生成されるというものです。ソーラーパネル内部に、素早く影響を与え、内部の電子の移動と流れを改善し、ノイズを改善します。品質を向上させることがわかりました。こうして品質の向上したソーラーパネルは、状態を安定化させ、明るさの向上と寿命を延長させる効果ももたらします。

金属表面の小さな凸凹を埋め電気や信号を 無駄なく流す!

地球の表面積の70%が水に覆われ、人体の60%以上が水で構成されていることに着目し、水に共鳴共振する遠赤外線領域の電磁波を発振する物体を研究した。

KEEP・TERAHERTZ波の、遠赤外線領域の電磁波を発振する加熱圧縮空気やナトリューム錯体水溶液や天然石の周辺に、アルミニュームや銅のような自由電子の多い高伝導素材やガラスのように非晶質または結晶構造の不安定な物質や水素結合を含む分子構造を有する物質や炭素原子を構造の基本骨格に持つ化合物質を配し、30℃~250℃の範囲で周辺温度を制御することにより、

 

KEEP・TERAHERTZ波の遠赤外線領域の電磁波と共鳴共振し、当該物質自身からKEEP・TERAHERTZ波の、遠赤外線領域の電磁波を発振する遠赤外線領域の電磁波の発振体が得られる。起電力増加方法が、低コストで、大量に最先端技術を提供ができます。

 

太陽光発電パネルの光起電半導体材料の電子を励起し起電力を増加するための遠赤外線領域の電磁波を放射するKEEPシート又は、コーティング等の自由電子の多いシートや板状材料に、水を媒体としてPHや溶存酸素量や酸化還元電位を測定することにより一定品質で製造することが可能となる。

効果

効果が明確で持続性の高いKEEP・TERAHERTZ波の、遠赤外線領域の電磁波を放射する太陽光発電パネルの起電力増加方法と装置を低コストで、大量に提供でききます。

 

Επαφή