リチウムバッテリー

LITHIUM BATTERY

 

 

KEEPリチウム携帯パワーの基本原理。

 

KEEP波とテラヘルツ波の2つの特殊な周波数共鳴現象によって生じる微細エネルギーを活用し、バッテリーの寿命を延長するものです。リチウムイオンバッテリーに密着させると、共鳴現象が発生します。これによって生じた微細エネルギーによって電子の流れを安定化させバッテリーの寿命延長を可能にさせます。

 

KEEP鉱石をナノ化した微粉末にTedraqhertz波を照射した上で、温度調整機能塗料に混ぜてコーティングするか、シールまたは不織布の上に加えるます。

又、接続端子表面は、一見滑らかに見えても、ナノメートル(10億分の1メートル)の世界で見れば、でこぼこ状態です。

それらの、接触部分は隙間だらけの「点接触」の不安定な状態であるため、振動や荷重の変化でも、電気の流れが変動します。端子の抜き差しで、金属面が削られると、さらに「点接触」になり不安定になります。

 

KEEPは、金属の接続端子表面の隙間を、ナノメートルサイズのKEEP粒子で埋め、金属導通部分(端子間)を「点接触」かせら「面接触」に変え、接触抵抗値を下げます。更に、Terahertz波を照射すると、その結果、電気が無駄なく流れ、信号も確実に伝わるようになるため、接触不良のトラブル回避や性能の回復に大きな効果をもたらします。

 

リチウム電池の原理に注目

 

私達の日常生活に広く使用されているリチウムイオンバッテリーは、接続し回路を構成すると、放電し電流が流れ電源の役割を果たします。また逆にバッテリーは、電気を蓄積し保持する蓄電器の役割も担っています。

 

このようなバッテリーは、充電と放電の反復作用によって次第に内部に老廃物が蓄積されます。これが、バッテリー内の電子の流れを妨害し、結果として充電容量が減少してバッテリーの寿命が短くなります。この老廃物は頻繁な電子間の衝突による発熱と、静電気の発生を引き起こし、周辺機器に間接的な損失を生じさせます。既存の携帯電話のリチウムイオンバッテリーは、+極に炭素、-極にLiCoO2を使用します。

リチウムイオンが、極から+極への移動を示したものです。

 

電子の流れが一定でなく、時にリチウムイオンが同時に2,3個ずつ移動する過負荷になる場合があります。

こうした不規則な電子の流れは、携帯電話のバッテリーの過熱や有害な電磁波を発生させる原因となります。

電子の移動中に発生する熱と不規則な電子移動を一定の流れに整流することが重要です。

 

リチウムイオンバッテリーは、接続し回路を構成すると、放電し電流が流れ電源の役割を果たします。また逆にバッテリーは、電気を蓄積し保持する蓄電器の役割も担っています。

 

 

電子の流れが一定でなく、時にリチウムイオンが同時に2,3個ずつ移動する過負荷になる場合があります。こうした不規則な電子の流れは、携帯電話のバッテリーの過熱や有害な電磁波を発生させる原因となります。電子の移動中に発生する熱と不規則な電子移動を一定の流れに整流することが重要です。

 

KEEPテラヘルツ波は、電子の移動方式 を一定に保ち、イオンとイオンの間に極性を生じさせることで、イオン2,3個が同時に移動してしまったりする現象を妨ぐ作用をします!

 

そのため、負荷が減少し、温度上昇を防ぎ、バッテリーの使用時間を延ばします。また、バッテリーの寿命自体を延ばす作用もあります。フル充電の後、待機状態でのバッテリー使用時間を延ばすことが可能になります!

 

新技術 

KEEP携帯パワーバッテリーの元になる技術開発は、 バッテリーの内部で直接的に電子の流れを改善 することで、より電子の品質を向上させようとしたものです。 

これは、KEEP波とテラヘルツ波2つの特殊な周波数が 共鳴を発生させ、微細エネルギーを生成するための KEEPバイオセミックスの上板と下板からなるKEEPバイオセラミックス層と、その間に位置し生成された

 

バッテリー内部に流入させようとする微細エネルギーは、KEEPコーティング層で持続的に生成されます。

微細エネルギーの生成原理は、互いに等しい波動の周波数をもつ2つの物質が近接することにより共鳴を生じさせ、この時生じた共鳴によって、微細エネルギーが生成されるというものです。 この微細エネルギーをバッテリー内部に直接流入させると、内部の電子とイオンに、素早く影響を与えバッテリー内部の電子の移動と流れを改善し、電子の品質を向上させることがわかりました。 こうして品質の向上した電子は、バッテリー内部の状態を安定化させ、発熱による爆発の危険も抑制し、長期間使用した際、バッテリー内部に発生する老廃物も抑制して、バッテリーの寿命を延長させる効果ももたらします。 


金属表面の小さな凸凹を埋め電気や信号を 無駄なく流す!

金属表面の点接触の隙間をナノレベルで面接触に改質し、接触抵抗を低減させます。従来のクリーニング効果のみを目的とした接点復活剤とはまったく異なります。

細分子化.MOV (699,2 kB)

 

 

2次リチウム蓄電池

 

リチウムイオン電池は、プラス極材料にリチウムを含む酸化物、マイナス極に黒鉛を使った電池です。マイナス極の黒鉛は層状の結晶ですが、充電すると層の間にリチウムがイオンの状態で蓄えることができるインターカレーション型の電池です。リチウムが金属として析出せず、イオン状態であるためにリチウムイオン電池と呼ばれています。

 

プラス極のリチウムを含む酸化物としては、コバルト酸リチウムが最も多く使われていますが、そのほか、マンガン酸リチウムやニッケル酸リチウム、あるいはそれらの混合物も使われています。

リチウムイオン電池の特徴は電圧が3.7Vと高く、リチウムイオン電池1本でニッケル水素電池の3本分の電圧があるので、使用本数を少なくすることができ、軽量でコンパクトにすることができます。このためハイブリッド車や電気自動車の二次電池として期待されています。

 

 

リチウム新技術

 

携帯のKEEPパワーバッテリーの元になる技術開発は、バッテリーの内部で直接的にj電子の流れを改善することで、より電子の品質を向上させようとしたものです。

 

これは、KEEP波とテラヘルツ波2つの特殊な周波数が共鳴を発生させ、微細エネルギーがバッテリー内部に流れ、バッテリー内部にマイナスイオン電子を、流入させようとする微細エネルギーは、持続的に生成されます。微細エネルギーの生成原理は、互いに等しい波動の周波数をもつ2つの物質が近接することにより共鳴を生じさせます。

 

この時に、生じた共鳴によって、微細エネルギーが生成されるというものです。

 

この微細エネルギーをバッテリー内部に直接流入させると、内部の電子とイオンに、素早く影響を与えバッテリー内部の電子の移動と流れを改善し、電子の品質を向上させることがわかりました。こうして品質の向上した電子は、バッテリー内部の状態を安定化させ、発熱による爆発の危険も抑制し、長期間使用した際、バッテリー内部に発生する老廃物も抑制して、バッテリーの寿命を延長させる効果ももたらします。

■電子細分子化.MOV (699,2 kB)

 

За връзка