KEEP combined negative ion-emitting ore particles  which emit highest negative ion in natural world, existing terahertz technology and waves of various frequencies to create this new technology. 

The company called this new technology “KEEP-TERAHERTZ.”

KEEP-TERAHERTZ is a more advanced version of the newest terahertz technology used around the world.  KEEP uses the ideal terahertz wave-radiating time at a low temperature to increase the performance of raw materials. Existing terahertz machines radiate terahertz waves at high temperatures, which is not as effective.

 

WHAT IS KEEP-TERAHERTZ TECHNOLOGY ? 

 

(THE LATEST TERAHERTZ TECHNOLOGY )

Terahertz radiation - Wikipedia, the free encyclopedia

 

It is the new technology produced by nano-technology.  This technology was mixed with these following things: 24,140 pieces/cc numerical value of negative electric ion, which is emitted from the highest level of powerful energetic ore in the nature world, KEEP ore particle, which emits 96% of FIR, and the leading edge of technology Terahertz radiation.   
自然界で、最高水準の強力なエネルギー鉱石から放射されるマイナス電子イオン数値 : 24,140個/ccとKEEP鉱石から放射される遠赤外線96%を放射するエネルギー鉱石と、最先端技術Terahertz波を組み合わせたナノ化技術にって実現した新技術です。

Our company does not irradiate Terahertz radiation at high temperature like conventional Terahertz machines.

As a result of the study for many years, we discovered the perfect temperature of irradiating Terahertz radiation, which makes the efficiency and strength of the radiation good and gives human bodies best effects, and in addition we discovered the perfect length of time for irradiation together.  

⬇️世界でも珍しい微小生物活動動画(3万倍以上の特殊顕微鏡にて撮影)

video-1450009939.mp4-2.mp4 (1012761)

⬇️更に解像度をUPした特殊顕微鏡にて撮影

video-1450093483.mp4.mp4 (3,1 MB)

私達は、今までのTerahertzの機械のように、高温でTerahertz波を照射する事はしません。

長年の研究で、素材が持つ性能、強度UP、人間の人体に一番良い効果がでる、Terahertz波の照射する温度を発見し、更に、照射する時間の長さを、あわせて発見しました。

WHAT ARE NEGATIVE IONS?

Ions are invisible particles, either molecules or atoms, which bear an electric charge. Atoms, for instance, consist of an atomic nucleus that contains neutral neutrons and positively charged protons, as well as orbiting electrons that are negatively charged. When an atom is in a neutral condition, the number of protons (+) and electrons (-) is equal. When the number of protons and electrons is not the same, the particle becomes an ion that is either positively or negatively charged.

 

WHAT IS LNFRARED?

Infrared - Wikipedia, the free encyclopedia

 

Infrared Waves - Science@NASA

 

KEEPは、Terahertz Technology と、自然界に存在する鉱石から放射する、自然界最高数値24,140個/ccのマイナスイオン電子波と遠赤外線96%数値を同時に放射する鉱石をナノ粒子化し、最先端技術遠赤外線の未知の周波数Terahertz波と3つの周波数を組み合わせた新技術をナノ化技術で実現が出来、日本で開発しました。

その手法をKEEP-TERAHERTZと名付けました。

最先端技術のTerahertz Technologyを更に進化させたNew Terahertz技術です。

従来のTerahertz機械は、一定の高温でTerahertz波を照射しますが、素材の性能をUPするには、低温によるTerahertz波を照射する最適な低温温度と照射する時間をみつけました。

An ore emits 24,140 pieces/cc of negative ion electric wave, which is the highest numerical value in nature world, and 96% of FIR numerical value at the same time.  KEEP changed the ore into nanoparticle.  And, KEEP combined the leading edge of FIR technology Terahertz wave, which has unknown frequency, and 3 other frequencies.  As a result, KEEP could put this new technology into practice by nanoized technology, and it developed the technology in Japan

The company called this new technology “KEEP-TERAHERTZ.”

KEEP-TERAHERTZ is New Terahertz technology which is a more advanced version of the newest terahertz technology.  Conventional terahertz machines irradiate Terahertz wave by regular high temperature, but KEEP found the optimal low temperature and irradiating time of Terahertz wave to improve material efficiency.  
 
KEEP・TERAHERTZ光は、光の直進性と電波の透過性の両方の性質を持っており、これらの性質を利用することで、従来の方法では観測することのできなかった電気絶縁油が酸化する過程における分子挙動や分子同士の相互作用があります。 

 KEEP TERAHERTZ light has both dispositions of light straightness and electric wave permeability.  By utilizing these dispositions, there is molecular behaviors, which is in the process that electric insulating oils oxidize which was not able to be observed in conventional ways, and an interaction between molecules.  
 

金属の表面にある見えない隙間をナノ化した粒子で埋める。

Fill up invisible gaps on metal surfaces with nanoparticles.  

KEEP’s nanoized fine powders fill up gaps on metal surfaces with nanometer-sized KEEP particles, and they lower the contact resistance by changing point contact to surface contact (between terminals) of metal conduction parts. 

KEEPをナノ化した微粉末は、金属の金属表面の隙間を、ナノメートルサイズのKEEP粒子で埋め、金属導通部分(端子間)を「点接触」かせら「面接触」に変え、接触抵抗値を下げます。


In addition, in case of irradiating Terahertz radiation, as a result, electricity flows without waste, and since signals are absolutely conducted it makes big effects to avoid the contact failure trouble and recover the efficiency.  

更に、Terahertzを照射すると、その結果、電気が無駄なく流れ、信号も確実に伝わるようになるため、接触不良のトラブル回避や性能の回復に大きな効果をもたらします

KEEP ore particles are the natural ore which is formed by high temperature hot water effect involved with the diastrophism 65 million years ago.  

KEEP鉱石は、約6,500 万年前の地殻変動に 伴う高温熱水作用によって形作られた天然鉱石です。

There are 1.2 trillion times of acoustic resonance action per second.  Due to the effect, the conventional material molecules are further fractionated. 

Since impurities entered between molecules, the conventional efficiency could not be exerted.  However, thanks to the further fragmentation, molecules line up thickly, and the conventional efficiency and strength are further improved.  

1秒間に1兆2,000億回の共鳴作用があります。その影響により、従来の、素材の分子を更に細分子化します。

従来は、不純物が分子の間に入り込んでいるため、従来の性能が発揮できていませんでした。しかし、細分子化により、分子が密に並ぶ事で、強度、従来の性能が、更に向上します。

■Fragmentation.MOV 細分子化.MOV (699,2 kB)

 
What is KEEP ceramic ball?
KEEPセラミックボールとは。
In our company, we complete KEEP ceramic balls by glazing fine powders, which are made from KEEP ore particles by nano-technology, on ceramic balls.  

KEEP鉱石をナノ化技術により微粉末にしたものを、セラミックボールに焼き付け、KEEPセラミックボールを完成させます。

The object combined by irradiating the leading edge of FIR technology Terahertz radiation to ceramic balls is KEEP ceramic ball.

最先端技術の遠赤外線Terahertz波を、セラミックボールに照射をして組み合わせたものがKEEPセラミックボールです。

Japan is the prominent energetic ore country in the world.
世界でも有数のエネルギー鉱石の国
Since layers were condensed due to the diastrophism, Japan is the prominent energetic ore country in the world
日本は、地殻変動により地層も凝縮して、世界でも有数のエネルギーが高い鉱石です。

What is rare in the world・・・・There is a mass active fault all over the land of Japan.

世界でも、珍しい・・・・国全土に沿って大規模な活断層がある。

(There is no ingredient included which affect human beings.)

(人体に悪影響する成分は一切含まれておりません。)

1.2 trillion times of action of acoustic resonance per second.

1秒間1兆2000億回共鳴作用。

 

 

 

テラヘルツ波 - Wikipedia


Terahertz radiation - Wikipedia, the free encyclopedia

 

Terahertz is a kind of electromagnetic waves which are located in the middle of lights and electric waves
Terahertz は、光と電波の中間に位置する電磁波の一つです。】

On electromagnetic waves, dispositions are divided according to frequency. 

電磁波は周波数によって性質が分かれます。

Lights are the electromagnetic waves called high waves, and as another one there are electric waves which is used for cell phones, radios, and TVs.

光は光波と呼ばれる電磁波で、もう一つ携帯電話やラジオやテレビで使われる電波というものがあります。

Considering electromagnetic waves in terms of frequency, ones which have low frequency are called electric waves, and ones which have high frequency are called high waves.  

電磁波を周波数で並べると、低い周波数は電波と言われ高い周波数を高波と言います。

Since tera means trillion in Greek, Terahertz means 1 trillion times of frequency per second.  

ギリシャ語でテラとは一兆を意味するので、Terahertzとか1秒間に一兆回振動する周波数のことを言います。

According to international level, the zone of Terahertz frequency is from 30 million hertz to 10 trillion hertz.   

国際標準で言うと、3,000億ヘルツから10兆ヘルツの間を、Terahertzの周波数帯と位置づけられています。

Since Terahertz is just in the middle area of electric waves and high ones, it has good points of electric waves and ones of high waves.  

ちょうど、電波と高波に挟まれた中間領域となるので、電波の良いところと高波の良いところ両方を持っていると言います。

However, the zone of Terahertz frequency was called Terahertz gap as unknown light.  

しかしながら、Terahertzの周波数帯域は、未知の光として、Terahertzギャップと言われてきました。

That is because development of Terahertz generator and detector was difficult and Terahertz remained left in dark unexplored area.  

なぜなら、そのTerahertzの発生装置や検出器の開発が難しく、暗黒の未開拓領域のまま残されてきました。

However, Terahertz is the unexplored hugest frequency zone, and actually it is also a treasure house.  

しかし、Terahertzは開発されていない一番広大な周波数帯域であり事実の宝庫でもあります。

What is Terahertz・・・

テラヘルツとは・・・

Terahertz is located in the middle of lights and electric waves and called electromagnetic wave.  

光と電磁波の中間に位置する電磁波のことです。

 

People think electromagnetic waves as scary features, but it is not correct.  

電磁波と聞くと怖いイメージがありますがそうではありません。

On human bodies, electromagnetic waves flow by biopolymers inside of cells such as protein vibration.  However, Terahertz can make human bodies active by vibration with biopolymers which manage biological activity.  

私達人間の身体が、タンパク質など細胞内の生体高分子が振動することによって経絡に流れますが、Terhertzは、これが生体高分子つまり、(たんぱく質、多糖類、核酸など天然に存在し、生命活動をつかさどる高分子と共振することによって身体を活性化することが出来るわけです。

As laser technology and semi conductor technology advanced, Terahertz, which is the last frequency zone remained to human beings, was to be in the spotlight immediately from the middle of 1990s.  

私たち人類に残された最後の周波数帯域であるTerahertzは、レーザー技術と半導体技術の発展に伴い

1990年代中盤から、一気に注目を浴びることとなりました。

By emitting laser light to semi conductors, we succeeded in generating Terahertz pulse.

半導体にレーザー光を放射することによって、Terahertzパルスを発生させることに成功したからです。

高波の直進性と電波の透過性・・・

The high wave straightness and electric wave permeability・・・

Terahertzに比べて比較的周波数の高い可視光線は、エネルギーが強く直進しますが透過力は弱いです。

Visible rays, whose frequency is relatively high than Terahertz, have strong energy and go straight, but the permeability of them is weak.  

その反面Terahertzは周波数が低いため透過力が優れています。

On the other hand, Terahertz is superior to visible rays in terms of permeability thanks to its low frequency.  

例えば、周波数の高い可視光線は壁を透過できませんが、周波数の低い携帯電話の電波が壁を透過することが出来るのと同じ原理です。

or example, visible rays cannot permeate walls, but Terahertz can do it as electric waves for cell phones whose frequency is low.

Terahertzの透過力は、見えないものを可視化することができます。

The permeation power of Terahertz enables unvisible things to be visible.  

Terahertzは水によく吸収されますので、食品の水分含有量を調べることによってその品質や個性の検査に使われます。

Since Terahertz is absorbed well by water, it is used to examine foods’ qualities and characters by investigating moisture content of foods.  

例えば、空港や港では港湾検査にも使われ、金属探知機を使わず所持品の内容を確認できるのです。

また郵便物検査でも成分検査が瞬時に行なわれています。

For example, it is used for harbor inspections in airports and ports, and it enables people to check what their belongings are without metal detectors.  

Also, in terms of postal matter inspections component inspentions are instantly conducted.  

 Terahertz技術は火災現場や災難地域でも活躍しています。

Terahertz technology is playing an active part in sites of fires and disaster areas.  

そして、産業分野では不純物や血相などの検査に活用されています。

In terms of industries, it is utilized for inspections of impurities and expressions.   

赤外線は煙によって消され、検査に10分以上かかりますが、Terahertz波は消されず、緊急時のリモートコントロール機材の運用を長期にサポートします。

Although infrared rays are extinguished by smoke and takes 10 minutes to inspect, Terahertz radiation is not extiguished.  It supports to make use of urgent remote control equipments for a long term.  

その他にも文化財の復元、古美術品真偽判別、地下透視機能、放射線や有毒ガス検出する災害対策

汚染・欠陥非破壊検査などができます。

In addition, the radiation supports us in terms of these following things: cultural properties restoration, Authenticity discrimination of antique arts, underground fluoroscopy function, disaster provision in detection of radial rays and poisonous gases, polution provision, non-destructive defect inspection 

Terahertzの波長と周波数

Terahertz wavelength and frequency

Terahertzの波長は1mmから0.3mmですが、この波長帯は生命は物質の最小単位である分子の相互作用や回転速度、そして水素結合の波長と一致しています。

Although Terahertz wavelength is from 0.3mm to 1mm, this wavelength zone corresponds with intractions between molecules, which is minimum unit of life substances, the molecules’ revolving speed, and hydrogen bond wavelength.   

同じ波長同士は、振動しあうことによって共振作用を起こします。

The same wavelengthes occur resonance action by vibrating each other.  

私たち人間の身体を構成するたんぱく質やDNAなど、多くの生体高分子はTerahertzの波長と共振するのでTerhertz波を使って生体高分子のモニタリングと操作が可能と言われています。

Since many biopolymers such as protein and DNA, which constitutes human bodies, resonate with Terahertz wavelength, it is said that it is possible to monitor and opperate biopolymers by utilizing Terahertz radiation.  

例えば、ウイルスが細胞膜に進入すると、Terahertz波領域で浸透しますので、遺伝子の突然変異の原因を調べることも出来ます。

For example, if viruses enter cell membranes, Terahertz can inspect causes of genetic mutation because they pernetrate in the Terahertz frequency zone.  

このようにTerhertzと分子が共振すれば、エネルギーが上昇していきます。

In this way Terahertz and molecules occur resonance action, and energies rise.  

■アメリカでは、Terahertztが、世界を変える10大新技術として選びました。

In America, Terahertz was chosen as top 10 of new technologies which change the world.

日本では10大基幹技術として選定しました。

In Japan, it was chosen as top 10 of critical technologies.

韓国ではLG経済研究員が人類の生活を変える7大新技術として取り上げています。

In Korea, LG economic research workers adopt it as top 7 of new technologies which changes human lives.  日本の基幹技術選定のプロセスでは、まず127個の科学技術領域を選び47個に絞り最終的に10大基幹技術を選定することになりました。

In the process of Japanese critical technology selection, at first 127 science technology zones were chosen.  Next, 47 zones are chosen from the 127 ones, and finally 10 zones are selected as critical technologies from the 47 zones.

 その最優先技術の一つが、Terhertz技術なのです。

One of the highest prior technologies is Terahertz technology.  

Terahertzは開発されていない一番広大な周波数帯域であり事実の宝庫でもあります。

Terahertz is the unexplored hugest frequency zone, and actually it is also a treasure house. 

耐熱性、温度調節機能、防臭、発汗、抗菌、UVカット、免疫力UP、鮮度保持作用、アンモニアの消臭、土壌還元力、生物の成長促進、熱伝導性、熱吸収性が高い等を活かし、一般の樹脂素材と混ぜ合わせることによって繊維を作ることができます。繊維だけでなく、農業・医療・工業・建設・軍需など、あらゆる産業分野に革命をもたらします。

Terahertz has really many positive points: heat resisting property, temperature control function, deodrization, hidrosis, antimicrobial, UV cut, improvement of immunity, freshness- holding effect, deodorization of ammonia, land application power, organic growth stimulation, thermal conductivity, high heat absorbency, and so on.  By utilizing these points of Terahertz, our company can create fibers by mixing with general resin materials.  Terahertz produces revolutionary results in terms of every industry as well as fibers: agricultures, medical care, manufacturing industry, construction, munitions, and so on.   
KEEPの主な作用として、以下の7つがあげられます
As KEEP’s main actions, there are 7 things below.
 
抗酸化作用・鮮度保持作用・消臭、分解作用・熟成作用・活水作用・細胞活性作用・安定化作用・悪臭の除去・化学臭の除去(パーマ液・シンナー等)・農作物・植物の成長を促す・血行の改善等、具体的な効果としては、鉄を錆びさせない・食べ物などの鮮度を保つ・水中の環境汚染物質を分解する・天然ミネラルを水に供給する・空気中の水分を活性化します。遠赤外線は別名、生育光線とも呼ばれるように、人体や植物等の生体を活性化し生長を促します。
 

FIR also has many positive points: antioxidative effect, freshness- holding effect, deodorization and reduction, maturation, active water effect, cell activity effect, stabilizing action, malodor removal, chemical smell (perm solution, thinner, etc.) removal, crops and plants growth stimulation, circulation improvement, and so on.  As concrete effects, there are the following things: creating rustproof iron, keeping freshness of foods and other products, reduction of environmental pollutant in the water, supplying natural minerals with water, activating moisture in the air.  As FIR is also called another name growth ray, it activate organisms such as human bodies and plants and stimulate their growth.  

細胞活性化機能 Cell activity function

遠赤外線は、太陽光線中の可視光線である赤色熱の5.6~1,000μmの波長が長い性質を持つ電磁波なので、遠赤外線を当てると遠赤外線が皮膚に浸透し身体の体液に作用して人体細胞を活性化させることになります。

FIR is electromagnetic wave, which has long wave in red heat of visible sunlight, and the length is from 5.6μm to 1,000μm.  So, if we expose our bodies with the FIR, it infiltrates our skin and influences our body fluid.  As a result, human cells are activated.  

この中で、5,6~14μm帯の波長を持つ遠赤外線は、生育/治病光線であり、皮下40~50mmまで浸透する強烈な熱作用を起こす人体に有益な光線である。

FIR having long wave which is from 5.6μm to 14μm is growth ray or curing ray, and it is the beneficial ray for human bodies which infiltrates beneath human skin from 40mm to 50mm and produces extreme thermic effect.

マイナスイオンは副交換神経系に働きかけ、血液の浄化、細胞の活性化、免疫力強化、自律神経の調整に有効といわれています。 耐摩耗性などに富む硬く靭性な鉱石です。多孔質構造のため、有害成分の吸着作用と分解作用などがあげられます。

Negative ions influence parasympathetic nerve system, and they are said to be effective for blood purification, cellular activation, immunity reinforcement, autonomic nerves adjustment.  The ore is hard and tough, and it is rich in abrasion resistance property etc.  Due to porous structure, it has adsorption and reduction etc of injurious ingredients. 

また、KEEPは水分子と共鳴共振する6.27ミクロン周辺の遠赤外線を豊富に放射しており、繊維などに加工することで、温度調節機能があり、夏は涼しく、冬は温かい、安眠布団・シーツ・ソックス・ベビー用服・靴・アンダーウエア―などに利用。

Also, KEEP plentifully radiates about 6.27 micron FIR which resonates water molecules.  By processing the FIR with fibers etc, it gives the fibers temperature control function, and they are cool for summer and warm for winter.  So, the processed fibers are used for bed clothes for sound sleep, bed sheets, socks, clothings for babies, shoes, underwears etc.  

 靴等では、消臭・抗菌作用があります。又、ゴムには、摩耗にも強くなります。

On shoes etc, there are effects of deodorization and antibacterial.  Also, rubbers become strong to abrasion.   

インソール(靴の中敷)や他の靴関連商品の開発のために万生が活用されております。

足のニオイは誰でも気になるところですが、KEEP・TERAHERTZに更に植物成分を加えて、

繊維に添加し、種々のガスを消臭することにより、より快適な履物の商品開発を実施しています。

A kind of plant extract Bansei is utilized for developing shoe insole and other related shoe products.

Although we mind foot smell, our company adds even plant constituent to KEEP TERSHERTZ

and impregnate fibers.  And then, our company implements the development of more

comfortable shoe products by deodorization of many kinds of gases.

 

■抗菌・消臭(アンモニア)効果試験。

■Experiment of antibacterial and deodorization (of ammonia) effects

➡️
  (未処理) (Untreated)       (処理後) (After treated)

   

■靴に使用される布。Cloth used for shoes

■品質試験  抗菌・消臭テストQualification test  Antibacterial and deodorization test

 

私たち人類に残された最後の周波数帯域であるTerahertzは、レーザー技術と半導体技術の発展に伴い1990年代中盤から、一気に注目を浴びることとなりました。半導体にレーザー光を放射することによってTerahertzパルスを発生させることに成功したからです。

Terahertz, which is the last frequency band left to our humanity, immediately caught attention since the middle of 1990s as laser technology and semiconductor technology were developed.  It is the reason that to produce Terahertz pulse succeeded by radiating laser light to semiconductor.  

1950~1970年代、NASA(航空宇宙局)において「宇宙船内における人間の生存条件」の研究が行われ、真空、無重力、極低温という過酷な条件の宇宙船内で人が生存するために必要なファクターを調べました。

In the period from 1950s to 1970s, NASA (National Aeronautics and Space Administration) conducted the research of “terms for human subsistence in a space craft”.  It researched necessary factors for human subsistence in a spaceship where there are punitive terms such as vacuum, zero gravity, extremely low temperature.  

この研究において太陽光のうち波長8~15μmの赤外線が生物の生存に欠かせないことがわかりました。この結果、それまで赤外線と総称されていた電磁波は近赤外線と遠赤外線の2つに区分されるようになりました。

Thanks to this research, we found that infrared rays which have from 8μm to 15μm wave length are necessary for living things subsistence.  As a result, electromagnetic waves, which are named generically as infrared rays until then, were to be divided into near infrared rays and FIR. 

 Terahertz帯に、分子・固体中の各種振動や分子間相互作用や超伝導エネルギーギャップのような物性が存在し、特にTerahertz帯は、生体温度領域にもあり、宇宙誕生の謎を解く情報収集も期待されることから、世界中で研究され始めて、いろいろな分野で応用や商品開発が展開されています。高エネルギー鉱石と組み合わせたKEEP・Terahertz波加工しますと、遠赤外線領域Terahertz波とは、Terahertzは1秒間に1兆2000億回振動する振動数の単位です。

In Terahertz zone, there are physical properties such as various vibrations in molecules and solid matters, interactions between molecules, and energetic gap of superconductivity.  In particular, since Terahertz zone exists in biological temperature area and it is expected collecting information to solve the mystery of cosmic birth, it started to be researched around the world, and application and manufacturing are developed in terms of various fields.  As Terahertz is processed with KEEP-Terahertz wave combined with high energetic ores, Terahertz wave of FIR zone is the unit of frequency that Terahertz vibrates 1.2 trillion times per second.  

Terahertz ■Terahertz light

terahertz (THz)は、光と電波の境界の周波数であるTerahertz(THz)の電磁波を用いた時系列変換パルス分光法の新しい赤外領域の分光です。

Terahertz (THz) is a new spectrum of infrared region in a time series conversion pulse spectroscopic way utilizing Terahertz (THz) electromagnetic waves which is the frequency between lights and electromagnetic waves.  

自然界の中で一番Terahertz波を発しているのは?

What emits Terahertz wave the best in nature world?

それは、人間の赤ちゃんです。

赤ちゃんを抱っこした時、癒される感じがするのはそのせいです。また年齢とともに生命力が衰えてくるとTerahertzを発する力と量が弱まります。健康な人、鮮度が高い食べ物などはテラヘルツの放射量が高いのです。

It is human babies.  When we hug them, thanks to the Terahertz wave we feel healed.  The weaker we get as our age, the weaker the power and amount of emitting Terahertz become.  Healthy people and very fresh foods etc are high in the amount of Terahertz radiation.  

Terahertz分光 ■Terahertz spectrum

Terahertz分光は、多岐にわたります。多くのガスや有機固体、化学薬品、爆発物は、領域にそれぞれ固有の吸収線を持ちます。赤外線検出と比べて、Terahertz分光は非常に柔軟性に富み、高感度です。Terahertzスペクトロメータでは、赤外線光源なら複数を必要とするような多くのガス化合物を一つのシステムで検出・特定することが可能です。Terahertz光は、周波数 100 GHz ~ 10 THz、または波長 3 mm ~ 30 μm 間の電磁波です。ラジオ波と赤外光の間にあたる光には、ユニークな特性があります。Terahertz光は、種々の合成物質や織物といった様々なアモルファス物質、ボール紙を含む紙類を透過します。一方、多くの生化学分子、タンパク質、爆発物、麻薬物質は、0.1~2 THz 領域に各物質特有の吸収線をもちます。Terahertz光のこの重要な二つの特徴により、従来では困難だった材料や物質の分析・分離が可能になっています。

Terahertz spectrum includes many different things.  Many gases, organic solids, chemicals, and explosives have each peculiar absorption line in areas.  Compared to the detection of infrared rays, Terahertz spectrum is very rich in flexibility and has supersensitivity.  On Terahertz spectrometer, it enables us to detect and specify many gaseous compounds, which need plural systems in case of infrared ray source, by only one system.  On Terahertz light, its frequency is from 100GHz to 10 THz and it is a kind of electromagnetic waves whose wave length is from 30 μm to 3mm.  There is a unique characteristic in the light between radio wave and infrared light.  Terahertz light permeates many kinds of synthetic substances, various amorphous substances such as fabrics, and papers including cardboard.  On the other hand, many biochemical molecules, protein, explosives, and drug substances have each peculiar absorption line in the area from 0.1THz to 2 THz.  Thanks to these 2 important characteristics of Terahertz light, it is possible to analize and separate ingredients and substances, which was difficult so far.  

Terahertz領域において最も強力なアブソーバの一つが水です。テラヘルツ光の伝播距離は水蒸気によって数メートルほどに制限されますが、水蒸気特有の吸収線は非常に精度の高い湿度測定を可能します。

In the Terahertz area, one of the most powerful absorber is water.  The propagation distance of Terahertz light is limited to approximately some meters by water vapor, but the peculiar absorption line of water vapor enables us to measure humidity in a very high accuracy.  

X 線と違い、Terahertz光は一切のイオン化効果を及ぼさず、原則的に生体にも無害です。

Unlike X-ray, Terahertz light doesn’t influence any ionized effects.  Essentially, there is no harm to organisms.

Terahertz分光terahertz (THz)とは Terahertz spectrum What is Terahertz (THz)?

Terahertz分光とは、光と電波の境界の周波数であるTerahertzTHz)の電磁波を用いた分光計測手法です。

Terahertz spectrum is the spectroscopic measurement method which utilizes Terahertz (THz) electromagnetic waves that is the frequency between light and radio wave.  

Terahertz(THz)定義と応用 ■Definition and application of Terahertz(THz)

Terahertzとは、電磁波の周波数がTHzオーダーであることから、このような呼び方をされていますが、その定義としては研究者により多少の違いがあります。従来の呼び方としては、遠赤外またはミリ波と呼ばれる波長域の一部になります。このような呼び方があったにも関わらず、Terahertzという新たな呼び方になった背景としては、領域としては主に遠赤外領域で光のように扱いながら、室温で簡便に利用でき、しかも電波のように電場強度の時間波形を観測することから、遠赤外と言うよりも電波のような扱いができることから、ラジオの電波のkHz、MHzという単位を用いたTHzという表現を新しい扱いの電磁波として呼び始めました。

この波長領域では、電波の特性の1つである透過性の良さと光の特性の1つである物質の同定の能力を備えており、様々な応用が期待されています。また、電波と比較した時に波長が短く、電波では観測できない小さな大きさのものが確認できるということも特徴の1つになります。さらに、エネルギー領域としては低い領域であり、分子間の結合(結晶形の変化や水素結合など)の状態を観測するのに適しています。このような特徴から、様々な観測・評価への応用が期待され、医療や製薬、半導体のような産業分野、建築物の劣化評価などへの応用が期待されるだけでなく、水の状態の変化には高感度であり、生体への応用も期待されています。

■高波の直進性と電波の浸過性と応用技術

Terahertzに比べて比較的周波数の高い可視光線は、エネルギーが強く直進しますが透過力は弱いです。
その反面Terahertzは周波数が低いため透過力が優れています。

例えば周波数の高い可視光線は壁を透過できませんが周波数の低い携帯電話の電波が壁を透過することが出来るのと同じ原理です。Terahertzの透過力は見えないものを可視化することができます。

Terahertzは、水によく吸収されますので、食品の水分含有量を調べることによってその品質や個性の検査に使われます。例えば、空港や港では港湾検査にも使われ金属探知機を使わず所持品の内容を確認できるのです。また郵便物検査でも成分検査が瞬時に行なわれています。

そして、産業分野では不純物や血相などの検査に活用されています。Terahertz技術は火災現場や災難地域でも活躍しています。
赤外線は煙によって消され、検査に10分以上かかりますが、Terahertz波は消されず、緊急時のリモートコントロール機材の運用を長期にサポートします。

その他にも文化財の復元古美術品真偽判別地下透視機能放射線や有毒ガス検出する災害対策汚染・欠陥非破壊検査などができます。

Terahertzの波長と周波数

Terahertzの波長は1mmから0.3mmですが、この波長帯は生命は物質の最小単位である分子の相互作用や回転速度、そして水素結合の波長と一致しています。同じ波長同士は、振動しあうことによって、共振作用を起こします。

■鮮度維持効果

 

野菜・果実・魚介・肉類へのKEEP・TERAHERTZ効果

EP•TERAHERTZ波加工をした素材には、KEEP鉱石の自然界最高数値のマイナスイオンと遠赤外線に加えて、Terahertz波両方により、共鳴させることで、食品パック等の内部の空気を活性化し、水蒸気の水素結合を分離し、そこから発生させる電子の還元作用で食品の酸化劣化を防止し、腐敗菌を忌避させ、鮮度保持、糖度・旨みアップ、健康増進効果があります。

<酸化を抑制します>

1934年、イオンクラスターと呼ばれる物質が存在することがモスクワ空気イオン研究所により発見されました。イオンクラスターは、酸素分子のイオンが10~60個単位で集まった集合体で、空気中にも存在します。

宇宙のほとんどの物質は、「イオン化」されています。一方、地球上のほとんどの物質は、イオン化されていません。イオン化を誘発し、電荷を分離するには十分な高エネルギー源が必要とされます。

雷や稲妻等といった高エネルギー発生源により、空気のイオン化が誘発され生成されたイオンクラスターは、自然の中では滝や森のようなところに多く存在しますが、都心部や人口が密集して汚染された場所には少ないものです。
イオンクラスターが持つ作用の中には、空気中の悪臭分子、微生物、雑菌、カビ菌を包みこむ性質があります。この原理を利用して除菌作用、脱臭、有害物質除去により快適な空気を作ることができます。有害な活性酸素を分解・除去します。身体の酸化(さび)の原因となる活性酸素を消去することにより、アンチエイジング(抗老化)効果を発揮します。

KEEPには、アンチエージング作用や抗菌性作用が認められており、その効果の食品関係における活用を試みてきました。

その結果、KEEP加工した場合、食品を入れても問題のない添加剤であることを実証し、ポリエチレン材における

食品用器具、容器包装規格試験に適合した事により食品添加物規格基準適合品 厚生省告示第370号における基準適合品である事を実証致しました。これにより、内容物が通常より新鮮な状態で長く保存する、付加価値商品的な「KEEP 鮮度保持袋」の商品化が可能になりました内容物の一般生菌数の増殖率を低減させて賞味期限の延長効果や菌による汚染増殖スピード等を低減させる事などを検証し、鮮度の良い状態にて食品を食べる事が可能になりました。賞味期限の延長を可能にすることで食品を無駄に捨てることを減少させ、地球環境の悪化防止に貢献できる環境配慮型エコ商品として活用してまいりたいと思います。

KEEP・TERAHERTZに加え更に強化した酸化還元液

加えた酸化還元液の主成分は、KEEPセラミックボールから、作り出した強力なマイナス電子水に加え、厳選された植物から抽出した溶液を発酵させ、この技術で開発された抗酸化溶液を活用して、発酵型微生物を培養して造る特殊酵素です。酵素の中でも、人間にとって有害な物質に効果を発揮する成分を多く含む植物を選び、最も効果の出る時期に採取し加工しています。ホルムアルデヒドの吸収効果が認められているタンニンや、抗菌物質のレスベラトロール等のポリフェノール、強力な消臭・抗菌・抗酸化作用のある様々なフラボノイドを豊富に含み、最高の状態でバランス良く働き、接触する有害物質の除去・消臭・抗菌・抗酸化に優れた効果を発揮します。人の肌に直接使用した場合には更に植物の薬効成分の効果が得られます。古来から伝わる薬草と呼ばれる植物の持つ神秘的な自然のパワーを、15年の歳月をかけて研究し、試行錯誤を重ね、誕生したこの「KEEP・TERAHERTZ抗酸化還元溶液」には、「人々に快適で健康な生活を送ってほしい」という開発者の強い願いが込められています。 

酸化とは、酸素が他の原子や分子と結合することをいい、その逆のことを還元といいます。抗酸化溶液は酸化を抑制し、還元を促進するという機能をもった溶液です。

このKEEP・TERAHERTZ抗酸化溶液を金属・プラスチック・ゴム・ガラス・石鹸・セラミックス・塗料・化学繊維等に加工して用いると、それらの物質から周辺の活性酸素に反応して電子を放出させる働き(触媒機能)を持たせられることがわかりました。人や動物は体内に残ってしまった活性酸素により、正常細胞が酸化し、ガン化したり生活習慣病になったりするといわれています。 住宅をはじめ、KEEP・Terahertz抗酸化還元溶液を活用した製品は、これらの活性酸素を消去するという働きにより、簡単に人や動植物を健康にし、 なおかつ地球環境の浄化にも寄与するのです。

食肉卸し会社が、仕入れた肉がすぐに酸化してしまいます。消費者に届くまでに時間が経過するため

 肉が酸化により、色が変わりだします。

そこで、酸化防止・除菌・抗菌作用のある、KEEP・TERAHERTZ抗酸化ビニール袋を開発しました。

■KEEP・TERAHERTZ抗酸化袋・抗酸化溶液

■KEEP・TERAHERTZ技術の応用。

  1.健康商品: 繊維、紙、金属、プラスチック、宝石等に照射すると大量の遠赤外線を放射する製品に。

  2.鮮度保持生鮮食品: KEEP・TERAHERTZを照射すると、鮮度期間が2倍以上伸び味がよくなる。

  3.医療: 細胞の活性化、再生医療、幹細胞等の最先端医療に期待。

  4.農業: KEEP水を、土壌改良剤、肥料を使用すると植物の病害虫が激減し、収穫量が増加する。

    品質が改善 され、散布した農薬が農産物に残留しにくい。

 5.水産: 養殖水槽の水と空気をKEEP水処理すると、鮮魚の病気が減少し、成長が早くなる。

 6.省エネ:液体化石燃料に照射すると燃費が大幅に節約できる。(6~30%)

 7.KEEP処理した水: 細分子化された水分子により、エネルギーの水になる。

 また、発酵物の発酵が早く品質が向上する。

 8.その他さまざまな応用技術が開発されます。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ先